PD VISEO 新さっぽろ

2017年10月 4日 水曜日

中秋の名月

みなさん、こんにちは^_^
大森です!

今日は十五夜、お月見の日ですが、札幌は生憎のお天気です(>_<)

十五夜の時にお供えしてある、月見団子とススキですが、どの様な意味があるか、ご存知ですか?

十五夜というのは秋の収穫に感謝をするという風習があり、秋に収穫された作物で作ったもの=団子という意味があります。
またお供えする団子は、月が満ちる姿(満月)に見立てて、米粉を丸めて作ります。

そしてススキをお供えするのにもとても重要な意味があります。
本来ならば月の神様の依り代は稲穂となるのですが、この時期にはまだ稲穂が実る前……。

そこでこの稲穂にそっくりなススキを代わりとしてお供えしたのです。
またススキは切り口が鋭いことから魔除けになるとも考えられてきました。

その他、地域によっては団子ではなく、里芋やさつまいも、旬の果物、お神酒を添えたりするそうです。

日本の風習や伝統は奥が深い…

知らないことがいっぱいで、まだまだ勉強が必要だと感じた大森でした(>_<)


PD VISEO 新札幌
大森 琴美



pic20171004210134_1.jpg